振り込め詐欺について

医療費還付金詐欺

事例

  • 市役所職員等を装い、「医療費の過払いがあるので還付いたします」などと偽りATMに向かわせ、携帯電話でATMの操作を指示して、費用と称し、犯人の口座に送金させて現金をだまし取る手口です。年金や保険料を払い過ぎていると言ってくる場合もあります。

対策

  • 市役所等の職員が携帯電話に連絡しATMの操作方法を指示することはありません。

税金還付詐欺

事例

  • 国税局や税務署員を装い、「税金を還付しますので振込口座を教えてください」とATMなどへ向かわせ、その場から携帯電話をかけさせ、還付手続きと称して、操作方法を指示し、実際には振込みの手続きをさせる手口です。

対策

  • 「還付金」「ATM」「携帯電話」と言ったら、還付金詐欺です。不審な電話があった際はお近くの税務署に確認しましょう。税務署等から直接、還付金に関する電話がかかってくることはありません。

オレオレ詐欺

事例

  • 子供や孫を装い、「会社のお金を使い込んでしまった。今お金を振り込めば何とかなる」とだます手口です。時には、上司や同僚役も登場し、「振り込まないと警察に届けることになる」と言う場合もあります。
  • 子供や孫を装い、「友達の借金の保証人になった。自分が返済することになったが払えないので代わりに払ってほしい」とだます手口です。
  • 「痴漢で逮捕されたので示談金が必要です」と警察官や、鉄道関係者を装いだます手口です。周囲に恥ずかしくて相談できないところをつけ込んできます。

対策

  • 「オレオレ」と言われても自分から名前を言わず、「どちら様ですか」と尋ねましょう。子供や孫の名前を言われても簡単に信用しないようにしましょう。
    子供や孫を名乗る人物からは「携帯電話の番号を変えた」などと言ってきます。必ず携帯電話以外の方法や、元の携帯電話番号へ連絡する等によりご本人へ再度確認しましょう。

融資保証金詐欺

事例

  • チラシやダイレクトメール、電話などで、有利な条件の融資内容を送り、応じてきた人に「審査が通り最初に登録料が必要です。そのお金は融資の時に返還します」といってお金を振り込ませる手口です。チラシやダイレクトメールなどには「悪質な業者にご注意ください」の記載や、実在する金融機関名やロゴマークを使うこともあります。

対策

  • 正規の貸金業者では、融資を受ける前にお金を振り込ませることはありません。チラシなどに書いてある連絡先や電話番号が実在する業者のものか確認しましょう。

商号等:川崎信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第190号
加入協会:日本証券業協会