外貨預金活用術!

長期間でじっくり運用

外貨預金は為替の変動による元本割れリスクがともないます。そこで、余裕資金を長期間預けることで、外貨利息を増やすこともひとつの方法です。通貨によっては円預金より有利な金利で運用できるのが外貨預金です。
長期間、元利自動継続型で運用することで、外貨元金に外貨利息がプラスされ、円高(=外貨安)に対する許容度も広がります。また長期運用を目指したうえで、途中で利益が出た場合には短期で利益確定することもできます。

預ける時期を分散化

1回にまとめて預けるよりも、預けるタイミングを分けることで預入れ時の為替相場が平準化され、リスクを分散する効果が期待できます。

商号等:川崎信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第190号
加入協会:日本証券業協会