外貨預金とは

日本円を外貨(米ドル、ユーロ)に換えて預入れる預金で、定期預金と普通預金があります。

外貨預金の特徴

Point1

通貨によっては円金利よりも高い場合も!

外貨預金は、外国の通貨で運用するため、その通貨を発行している国の金利水準が反映されます。通貨によっては円金利よりも高い場合があります。

Point2

為替差益・為替差損が発生する場合があります。

為替相場の変動を受ける商品です。円高(=外貨安)の時に預入れ、円安(=外貨高)の時に引出すと為替差益を得ることができます。反対に、預入れた時より円高(=外貨安)であれば為替差損が生じ、元本割れになることもあります。

為替相場について

お預入れ時の相場とお引出し時の相場は違います。
円貨から外貨預金へ預入れる時の適用相場(TTS)と外貨預金から円貨へ戻す時の適用相場(TTB)の2種類があります。
お預入れ時相場(TTS)とお引出し時相場(TTB)には、米ドルはそれぞれ1米ドルあたり1円、計2円、ユーロはそれぞれ1ユーロあたり1円50銭、計3円の為替手数料が含まれており、相場に変動がない場合でも、お預入れ時相場より米ドルは2円、ユーロは3円以上円安にならないと預入れた円貨額よりお引出し時の円貨額が少なくなってしまい元本割れとなります。

為替相場について

電話でのお問い合わせ

金融サービス部 0120-391-849

【電話受付時間】

土・日・祝日及び12月31日~1月3日を除く
午前9時~午後5時

店頭でのお問い合わせ

店舗検索

【受付時間】

土・日・祝日及び12月31日~1月3日を除く
午前9時~午後4時

商号等:川崎信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第190号
加入協会:日本証券業協会