預金保険制度について

預金保険制度は、金融機関が預金等の払戻しができなくなった場合などに、預金者等を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序を維持することを目的とする制度です。

預金保険制度対象商品と保護の範囲

商品の分類 保護の範囲
預金保険の対象商品 決済用預金※1 当座預金 全額保護
無利息型普通預金
一般預金等 利息の付く
普通預金
合算して元本1,000万円までとその利息等※2を保護。1,000万円を超える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます。(一部カットされることがあります。)
貯蓄預金
通知預金
納税準備預金
定期預金
定期積金
上記の預金を用いた積立、財形商品など
預金保険の対象外商品 外貨預金
譲渡性預金
など
保護対象外。破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます。(一部カットされることがあります。)

※1決済用預金は、「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3要件を満たすものです。

※2定期積金の給付補てん金も利息と同様保護されます。

預金保険制度に加入している金融機関

預金保険制度の対象となる金融機関は、日本国内に本店のある下記の金融機関です。

銀行法に規定する銀行、長期信用銀行法に規定する長期信用銀行、信用金庫、労働金庫、信金中央金庫、全国信用協同組合連合会、労働金庫連合会等
(農林中央金庫、農業協同組合、漁業協同組合等は、「農水産業協同組合貯金保険制度」に加入しています。)

預金保険制度に関するお問い合わせ

預金保険制度についての詳細については、金融庁預金保険機構など、当該機関のホームページをご覧ください。
詳しくは、お近くのかわしん窓口にお問い合わせください。店舗については、店舗のご案内をご覧ください。

商号等:川崎信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第190号
加入協会:日本証券業協会